会話

◆会話

夫婦に限らず、人間関係がうまくいっている人って「聞き上手」だと思います。
特にご近所の井戸端会議に参加しているときは、情報をさぐり出すのがうまい人っていますから、極力自分のことをさらけ出さずに「聞き役」にまわるテクニックが重要になってきます。

夫婦の場合は、会話が必要です。
長年同じ相手と付き合わなければいけないので、自分の気持ちを「伝える」ことと、相手のことを「聞く」ことのバランスが大事なのではないでしょうか。

自分ばかり話している、聞いているばかり、というのは「会話」とは言えませんものね。

もうひとつ大事なのは、その会話の中身です。

家の中で、夫婦の会話が行われているか?と聞かれると、当然毎日いろいろな話をしている…と答えます。

しかし、漠然とした倦怠感を感じたり、何かしっくりいかないときに1番効く方法は「会話」だというのです。
また、うまくいっていない夫婦にとって、家の中での悩みは、「会話が少ない」ということでもあるらしいのです。

そういえば、私も家の中でしてる会話といえば、子供のこと、家のこと、仕事のスケジュール…つまり、家族の「業務連絡」ばかりなのです。

恋人時代のころ思い出してみると、テレビを見てどう思ったか、自分の好きな音楽、相手のこと…などなど、自分の心を伝えたいと思ってしてた会話の方が多かったのではないでしょうか。

つまり、「愛のある会話」が、少なくなってしまっているのです。

もちろん、家族の中の「業務連絡」は必要不可欠な会話ではありますが、子供の話をするにしても、「あなたが学生の時はどうだったの?」と、時々、夫個人の感情に触れるような話題をするように心掛けます。

 
Copyright © 2008 カップル・夫婦が倦怠期を乗り越えるコツ. All rights reserved