相手の顔を見る

◆相手の顔を見る

子供のころ、「相手の目を見て話しなさい」と、よく言われたものです。
また自分の子育て中にも、よく言います。特に、怒っている時に。

でも私自身、実は、目を合わせて話すのは苦手です。
覗き込むように話す人っていますよね。
営業マンによくあるテクニックでもあるようですが、
私の何にそこまで興味があるのかな…と、逆に敬遠したくなります。

しかし、犬を飼っていて思うのですが、
言葉を使わない彼は、アイコンタクトがとても重要。
外に出たい時、かまってほしい時、水がほしい時、一生懸命目で訴えかけてきます。
逆に、粗相をしたなど悪い時には、呼びかけても決して目を合わせません。

子供は小さいほど純粋なので、動物的カンが残っています。母親の声のトーンで、ほめられるのか怒られるのかを察知するらしいです。
大人になるほど、相手に甘えるほど、このカンが鈍ってくるようなので、意識的に、顔をみたり、目を合わせるということが大事になってきます。
それによって、相手の今の気分はどうなのか、表情を観察することでわかることってたくさんありますから。

他人に対しては、目を合わせるのが苦手な私ですが、夫に対しては、しっかり顔を見せ合って話をするべきだと思っています。

顔色が悪かったり、体調管理にも必要ですしね。

 
Copyright © 2008 カップル・夫婦が倦怠期を乗り越えるコツ. All rights reserved